2016年08月24日

喪中はがきの印刷を大至急で頼みたい!おすすめのお店はあるの?

喪中はがきを大至急印刷したい人に、おすすめのお店はここ!
↓ ↓ ↓
mochu-button.jpg

12月になって、親類が急に亡くなった。
そんな場合は、喪中はがきを大至急作らなければなりません。

12月になると、年賀状を書いて送る人が増えてきますので、
一刻も早く喪中はがきを印刷して、相手に届けないと、
相手が年賀状を出してしまいます。

■頼んだ翌日に喪中はがきが欲しい!

極端な話、今日お願いして、明日印刷が仕上がればいいわけです。

でも、そんな都合の良い印刷会社はあるんでしょうか?
また、いくら大至急とはいえ、値段が高かったり、品質が悪ければ、
という心配もあります。

とにかく、値段が安くて、品質が良くて、それでいて
大至急印刷してくれるところ・・・

あります!

■大至急、喪中はがきの印刷をしてくれるお店は?

喪中はがき.comというインターネットで喪中はがきの印刷通販を
しているお店です。

ここは、オンデマンド印刷機という印刷機で印刷していて、
普通の印刷よりも格段に早く印刷できます。

ネット通販ですが、近所の印刷屋さんよりも、
よっぽど早く印刷してくれますよ!

しかも安く、綺麗に。

■驚きの速さ!本当に当日発送してくれた!翌日には自宅に届きました

実は私は、昨年このお店を使いました。
その時も、12月になっていて、不安だったから電話で問い合わせた
ところ、最短で当日発送してくるという話。

思い切って頼んだところ、本当に当日発送してくれ、
なんと翌日には自宅に綺麗な喪中ハガキが届きました。

サイトには、「最短翌日発送」と書いてありますが、
実際は当日発送もしてくれます!

納期を早めたかったら、電話で聞いてみてください。
ネット通販のお店に電話すると、冷たくあしらわれたり、事務的
だったりしますが、喪中はがき.comさんは、すごく丁寧で、
親切です。

こちらの事情を説明すると、臨機応変に対応してくれますよ。
1日でも早くしてもらうコツは、電話をすることです!

当日出荷が難しい場合でも、翌日には必ず発送してくれると
思いますよ。

ちなみに、支払い方法でも納期が変わってきます。
一番早いのは「代金引換」だと、喪中はがき.comの人が
言っていました。

とにかく大至急、喪中はがきを作りたい人にはおすすめできます。
↓ ↓ ↓
mochu-button.jpg
posted by はがきくん at 15:09| Comment(0) | 喪中はがき大至急印刷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喪中はがきは、いつ出せば間に合うの?

喪中はがきで迷うのが、「いつ出せば間に合うの?」
ということです。

喪中はがきは、年賀状のやり取りをしている人に対して
出す、年賀欠礼の挨拶状になります。

ということは、相手が年賀状を書いて出すまでに、
喪中はがきを届けないといけません。

そうしないと、相手が年賀状を出した後に喪中はがきが
届くことになってしまい、相手に迷惑をかけます。

つまり、喪中はがきを出す時期は、相手が年賀状を
出す時期よりも前ということになります。

具体的には、11月中に出すようにしましょう。

年賀はがきの発売は、10月末日で、
投函受付は12月15日頃なので、11月中に出せば
問題ないです。
posted by はがきくん at 15:04| Comment(0) | 喪中はがき大至急印刷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喪中はがきの印刷って、どんな仕組みになっているの?

ネット通販で喪中はがきを頼む場合、多くのサイトでは、
入力した内容を画面で確認できるようになっています。

印刷イメージを画面で確認できるので、校正をその場で
やってしまえるということです。

確認後、注文ボタンを押すと、注文内容が印刷会社に
送られ、印刷してくれるという流れになります。

昔の印刷は、原稿を書いて、それを印刷会社に渡して、
印刷会社がレイアウトをして、校正して、印刷・・・

という、面倒くさいステップを踏んでいました。
だから、時間もかかったんですね。

でも、印刷ネット通販の場合は、原稿作成、校正が
わずかなステップで、画面上でできるようになっています。

だから、すごく早いんです。
印刷も、オンデマンド印刷という仕組みになっていて、
従来の印刷機よりも早くできるようです。
posted by はがきくん at 15:03| Comment(0) | 喪中はがき大至急印刷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。